非常に使い道の多い重機になります

工事現場

現場作業に必要な重機には色々なものがありますが、その中でも使い道が多いとされるのが土質改良機というものになります。その名の通り土質をその現場で欲する質に改良する重機ですが、使い方によって様々なメリットが得られると評判です。まず第一に挙げられるメリットは、使い道が無いとされた土でも、配合によってリサイクル出来るものに変えられるという点があります。建設工事等によって発生した、本来なら排気しなければいけない土砂に添加剤等を混ぜ合わせ、再び材料になる土に生まれ変わらせる事が可能になります。土質改良機を有効活用すれば、材料費のカットと環境に配慮した企業であるというイメージ戦略を同時に可能にします。また、色々な機器やシステム等との組み合わせにも対応出来るというフレキシブルさも導入のメリットの一つです。例えば、土質改良機とベルトコンベアを組み合わせる事により、次々と土を運搬し、大量の土質の改良も可能になります。それ以外にも、産廃業者がサイロと組み合わせて利用し、業務をスムーズに行うようにする等、アイデア次第で様々な業務短縮や効率化等が実現出来ます。さらに、この土質改良機はオペレーターの熟練度が増すごとに、より良い土が手に入れられるという特長もあります。経験を積むごとに、欲しい土質ごとの配合の分量等が分かるようになり、自由自在に土を作り出す事も可能です。

具体的にどう改良しているのか

工事現場

そんな土質改良機ですが、どのようにして土質改良を行うものなのでしょうか。一般的なツイスター工法と呼ばれるものには、混合装置と破砕装置というものが搭載されています。素材になる土の中に混じる小石等の不純物を破砕装置で細かくし、その後添加剤等を入れて混合装置で混ぜ合わせて目的の土質を手に入れるという流れになります。最近では、粘り気の高い土や、軟岩の破砕にも対応出来る高性能な土質改良機も次々と開発・販売されています。

本格導入しようか迷った時には

工事現場

ただ、実際使いこなせるかどうか不安だ等と導入を躊躇している現場も少なくないのではないでしょうか。土質改良機は、レンタルを行っている所も存在するので、本格導入の前にレンタルで使い心地等を試す事も出来ます。全国的に見て決して数は多くないですが、その分レンタルを行っている所は専門知識も豊富で、使い方や活用例等、知りたい事を質問出来るくらいの豊富な知識を持っています。導入の際のヒントを得るためにも、そうした業者を探してみるのも良いでしょう。