HOME>注目記事>土壌の再生利用をして農地拡大もしくは被災地支援をします

被災地の復興を手助けする機器

工事現場

地震や台風そして津波などの自然災害が起きると、土壌に不純物が混ざってしまいます。そのままでは農地や住宅建設にも使えなくなるので、そこで自然災害で使えなくなった土壌を再生するための道具として開発されたのが土質改良機です。土質改良機は自然災害などで使えなくなった土壌を再生するために、土壌を掘りおこして新しく作り替える機器です。この土質改良機のメリットは改良と書かれているように、これまで別々だった岩の破砕や別の土との配合などを一手に行えるのです。この土質改良機が出来た事で、これまで汚染された土壌改良は使えないと放棄されたのが再生できるようになり被災地の負担が減ったことでよい評判になっています。個人で購入する場合には自走式で購入費用は平均で2000万円が相場ですが、もちろんレンタルも可能です。

諸規模の土壌を改良する自走式

工事現場

土質改良機には、主に自走式とプランター式の2種類に分類されます。自走式は小型の土質改良機を搭載したトラックやトラクターを使って、実際に土壌に問題があるポイントに向かって作業をすることです。自走式は上層の使えなくなった砂を回収した後に、余分なものや水分を取り除いた後に影響の受けていない下層の砂と混ぜて改良します。トラックやトラクターに乗せるタイプだけでなく、土質改良機自体を蒸機にしたタイプもあるので用途に合わせて使えるのがメリットです。

プランター式がある

工事現場

土質改良機のもう一つの種類のプランター式は、大型施設を設置してその中で土壌改良を行うことです。土の中に放射能や化学物質などの大量の不純物が入っていると、自走式では取り除くことが困難です。そういった土を元の状態に戻すために、薬品などを使って分解し元の状態にするのがプランター式の役目です。何度も検査をして異常がないと認証を受けた砂をトラックに乗せて運び、今後活用する農地や住宅建設予定地に広げることで土壌再生を行います。