HOME>ホットトピックス>工程を短縮させることで得られるのは手間暇とコストの減少

人気の高いものは簡易なもの

土木工事をするとほぼ必ず大量の土砂が発生し、それらを自社では処分せずに外部の業者に処理してもらう流れになっています。しかし、土質改良機は大型で高性能なものを所有する専門業者でなく、初心者でも簡単に利用できる簡易な機械を導入して自社で処理してもいいのです。単純にふるいにかけるようなシンプルなものであれば素人でも理解しやすく、管理運用も簡単に行えるため人気の高い土質改良機となっています。

土砂はそのままでは危険な存在

工事などで出てくる土砂は一般的には土と砂、小石程度しかないというイメージがありますが、実際に有害な存在であることは業者の人間ならだれでも知っています。そのため適当にその辺に放置することはできないため土質改良機を使う必要があり、それを外部に委託するか自社で行うかを決断しなければいけません。

振動などでふるいにかける単純な工程

土質改良機は微生物などを利用して非常に細かくより分けるものも存在していますが、そういった工程をする前に振動ふるい機などを使って処理しておくといいでしょう。すでにふるいにかけられた土砂であれば処理の手間暇が短縮され、かかるコストも大きく減らせることができます。

機械のメンテナンスにかかる費用

土質改良機を導入する際はその利用のメリットだけでなく、メンテナンスにかかる費用のことも考慮しなければいけません。大型なものを導入すると購入したところにメンテナンスを依存することになるので、自社でもそれなりに管理できるものにするとリスクを減らせます。